すね毛のない生活に憧れて

私はすね毛の脱毛を検討しています。すね毛のせいで夏でも長ズボンを履くことが多く、暑い日などは苦しい思いをしています。必然的に汗をかくので、他の部分にも汗をかき、辛い思いをしているのです。ですので、すね毛が邪魔だといつも思っています。そもそも小学校の時にはそんなに生えていなく、そこまで半ズボンを忌み嫌うこともなかったんですが、すね毛が生えてきた中学高校生ぐらいからでしょうか、自分のすね毛にコンプレックスができ始め毛深いので、意識して長ズボンを吐くようになりました。自分のすね毛が見られているのではないかと感じることで、余計に人の目線、特に異性の目線が気になり、長ズボンから遠ざかっているのかもしれません。そればかりではなく、自身の自信に繋がり、自信のないような素行になっているのかもしれません。冬場なら問題なのですが、夏の間はとにかくすね毛の原因で外に出るのも億劫になります。私も対処を怠ったわけではありません。大体、夏頃8月にすね毛が邪魔になるので、その前である5月頃に全部剃り落とすのです。そしてツルツルになった状態であれば綺麗に見えるのですが、逆にツルツルすぎて違和感があります。ですので少し生えそろった状態にするために、3ヶ月ぐらいの猶予を持って剃ることにより、いい状態で生え揃った状態が8月になり大変良い状態になります。本当はお金があるならムダ毛を処理し綺麗な状態にできるのですが、そこまでの余裕がなかなかありません。一度永久脱毛すると最終的には生えてこないのではないかという不安も少しあるのです。品川でヒゲの永久脱毛するなら。→ヒゲ脱毛品川

もしかすれば、万が一ですが、男性のすね毛が生えていることが美の象徴になる世界が来ないとも言い切れないのです。顔ではなく心でもなくイケメンになるならすね毛が生えていなければいけない。と。そういった世界が来ないとも言い切れないような気がして仕方がないのです。そういった世界は少し怖いかもしれないですが、一度なくしたものは生えてこないので、少しためらっています。しかし、今のところそういった気配はないので、やはり永久脱毛するべきかなとも考えています。費用的な面でなかなか重い腰が上がらないのが現状です。夏になるたびにハーフパンツですらっとしたふくらはぎの男性を見ると羨ましい思いをしている所存でございます。

旦那に内緒にしていること

【旦那の友人から・・・。】

うちの家族は隠し事が少ない方で、私自身も最近あったことや過去のことまでペラペラと話しています。

ただ、旦那に一つだけ、未だに内緒にしていることが・・・。それは旦那の友人から告白されたことがあるということです。

旦那は友人同士で恋愛トークをすることが多いのですが、その時にみんな、自分の好きな人・好きだった人をカミングアウトするそう。

それは、後々かぶったときに気まずくならないように、という理由からだそうです。私は女性同士で好きな人をカミングアウトしたりしないので正直ビックリしてしまいました(^^;)でも、カミングアウト出来るくらい友人の絆が強いのだなぁと思います。

そんな友人同士でも、何故か私に告白したことを旦那の友人はカミングアウトしていない様子。旦那の友人に告白されてから2年ほど後に旦那と交際したのですが、その時も友人は何もなかったかのような振る舞いでした。

告白されて交際したわけではないし、特に大それた隠し事ではないのですが、あんなに結束の強い2人を見ていると何だか気まずくて・・・。なんだか内緒にしています。

ときどき旦那と「今までに告白した人、された人」について話すのですが、このことだけは未だに言えません(^^;)

何年かしたら笑い話にでもして言えたら良いなぁと思っています。

【へそくりのありか】

旦那に内緒にしていることがあります。誰にもお話していないのですが、自分には旦那の働いたお金を少しづつ貯め続けたへそくりが○十万円たまりました。

内緒ですが、自分は将来が不安なのでそっちの方に回せたらなと思っております。ちなみに旦那は知らないのですが、かくしてある場所は旦那の近くにあるのです。探せばすぐに見つかってしまいそうですが、意外と見つからないものなのですよね。

もちろん全額一緒のところにあるわけではないです。

なぜかというと、見つかった時の保険としてほかにも何箇所かに隠してあります。もう少したまったら旦那と一緒に旅行にでも行こうかと密かに計画はねっていますが、将来的に響かない程度の金額で楽しみたいと思っています。

もしかしたら、旦那も私と同じようにへそくりをどこかにしているのではないかと思います。その時にはお互いに貯金をしているような感じなので責めることもせず、良い方向に考えるように努力したいと思います。

女性関係に使わられていたら夫婦関係に絶対にヒビが入ってしまいますのでそこのところは信じたいと思います。

へそくりは自分の中での楽しみにもなりますので、是非かくして貯めてみてはいかがでしょうか。

【結婚して気付きました。】

私は34歳の主婦です。ごく普通の家庭に恵まれていつも平凡な日々を送っています。

他の人から見たらそう見えるかもしれません。しかし家庭の中には本人達にしかわからないことが沢山あります。まさかあの人がなんて良く聞く話です。

私達は恋愛から結婚した普通の夫婦でした。周りから見てもとても普通のおしどり夫婦だったでしょう。

しかし、私には彼氏がもう一人いました。旦那と同棲している時からなので4年間彼氏が2人いた事になります。そうなったのは旦那の生活の几帳面さがきっかけでした。

一緒にいると窮屈に感じました。その窮屈を緩和してくれたのがもう一人の彼でした。嫌なことがあるともう一人の彼氏の所に行って癒して貰っていました。

しかしその関係も私が結婚をすることをきっかけになくなりました。

それは結婚を期にそんな事を辞めなければいけないと思ったからです。その時は本当にそう思ったのですが、結婚して2年目の時に飲み会の席で一緒になった若い男の子に惹かれてしまいました。

もちろん遊びでした。その時私は悟りました。私には緊張の分、緩和を求めて男性との遊びを欲しているんだと。もちろんこの事は旦那には内緒です。

ちなみに今も遊びたいと思えば遊べる男性は1人います。直らなく、このまま家庭でいい妻が出来るならいいかと思っています。

そういや、私の友人には子供の学費も払えないぐらい、洋服を買いまくっている子がいます。学費を払っていないのは旦那に内緒にしているみたいです。

そういうのに比べればいいのかなって感じですね。参考リンク:子供の学費が払えない