すね毛のない生活に憧れて

私はすね毛の脱毛を検討しています。すね毛のせいで夏でも長ズボンを履くことが多く、暑い日などは苦しい思いをしています。必然的に汗をかくので、他の部分にも汗をかき、辛い思いをしているのです。ですので、すね毛が邪魔だといつも思っています。そもそも小学校の時にはそんなに生えていなく、そこまで半ズボンを忌み嫌うこともなかったんですが、すね毛が生えてきた中学高校生ぐらいからでしょうか、自分のすね毛にコンプレックスができ始め毛深いので、意識して長ズボンを吐くようになりました。自分のすね毛が見られているのではないかと感じることで、余計に人の目線、特に異性の目線が気になり、長ズボンから遠ざかっているのかもしれません。そればかりではなく、自身の自信に繋がり、自信のないような素行になっているのかもしれません。冬場なら問題なのですが、夏の間はとにかくすね毛の原因で外に出るのも億劫になります。私も対処を怠ったわけではありません。大体、夏頃8月にすね毛が邪魔になるので、その前である5月頃に全部剃り落とすのです。そしてツルツルになった状態であれば綺麗に見えるのですが、逆にツルツルすぎて違和感があります。ですので少し生えそろった状態にするために、3ヶ月ぐらいの猶予を持って剃ることにより、いい状態で生え揃った状態が8月になり大変良い状態になります。本当はお金があるならムダ毛を処理し綺麗な状態にできるのですが、そこまでの余裕がなかなかありません。一度永久脱毛すると最終的には生えてこないのではないかという不安も少しあるのです。品川でヒゲの永久脱毛するなら。→ヒゲ脱毛品川

もしかすれば、万が一ですが、男性のすね毛が生えていることが美の象徴になる世界が来ないとも言い切れないのです。顔ではなく心でもなくイケメンになるならすね毛が生えていなければいけない。と。そういった世界が来ないとも言い切れないような気がして仕方がないのです。そういった世界は少し怖いかもしれないですが、一度なくしたものは生えてこないので、少しためらっています。しかし、今のところそういった気配はないので、やはり永久脱毛するべきかなとも考えています。費用的な面でなかなか重い腰が上がらないのが現状です。夏になるたびにハーフパンツですらっとしたふくらはぎの男性を見ると羨ましい思いをしている所存でございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です